20130520_works

アート&クラフト講座 vol.01

外苑前は雨の昼下がり、アート&クラフト講座第一回を開催いたしました。

何が始まるのか?
勇気ある皆様との大人の図画工作、
今回は、白い粘土で「大好きなイキモノ」を作りました。

大好きといえば…イキモノといえば…
お一人お一人の大好きな人・動植物を思い描いていきます。

出会いはいつだったかな、
なぜ好きなのだろう、
どこが好きなんだろう、
いっしょに何をしたいかな、
これからどうなるといいかな、
みんなに何て伝えようかな、、、

自分の思いを自らの手で形にすると、自分らしい「塑像(そぞう)」になりました。
一人ひとりの思いは優しさに包まれて、あたたかい作品ができました。

20130520_02

次回は6月24日(月)午後2時半から、「大好きなこと」をコラージュに描きます。

「モノ、コト、ココロ イメージを形にしよう」

粘土で作る好きな人イキモノ

粘土で作る、好きな人・イキモノ

大好きなことをコラージュ

大好きなことをコラージュ

 
絵を描いたり形を作ったり、気軽な創作を通じて「自由なアート感覚」を育てる講座に、
シュンケンが講師として参加いたします。

小さい子供たちは、紙と鉛筆があれば何の迷いも無く、すらすら何かを描いてくれますね。
大人になると、何を描こうか、上手に描けるか、やっちゃいけない事はないか…と、固まっていませんか?

これが「頭と心のコリ」だとしたら、ほぐして気軽に創作しよう!という提案です。
大人の図画工作で、手作りモノづくりのきっかけを楽しく見つけていきたいと思います。

「モノ、コト、ココロ イメージを形にしよう」5月20日(月)スタート!

★「暮らしのゼミ」ヤマナシヘムスロイド公式ページ

シュンケンの創作活動は、まず、自由な発想や閃きを描写することから始まります。
そのアイデアやイメージを膨らましたりそぎ落としたり、
リサーチやテストを繰り返して、いくつもの提案を煮詰めていきます。
更に、具体的なエスキースやデザインに起こし、縮尺模型を作ることで、
頭の中のイメージを、目に見える形にしていきます。
その最初の一番楽しい時間、自由な発想や閃きは、あらゆる可能性を秘めています。

銅のネームプレート作り

事後報告です!
植物に『銅のネームプレート』を作りたい!とのお声に、
出張ワークショップへ行ってきました!

Workshop | Hammering + Stamp Works

銅のネームプレートを作ろう

201108_nameplate
===== ===== =====
大切な名前、いつのまにか消えてしまいませんか?
銅板に英数字の刻印で、残したい名前を刻みましょう!
(植物仕様)

♪銅材おススメのポイント♪
・銅はお水を傷めにくい(濁りにくい、臭いにくい)
・人が手道具で加工しやすい、軟らかい金属
・10円玉と良く似た素材で、馴染みがある
などなど、人や水・植物と相性が良いのです。

デメリットは、私と一緒に作れば大丈夫!
ちょっとしたコツやひと工夫で、楽しく作りましょう!
===== ===== =====
な~んてカッコつけてご案内しましたが、さてさて。

201108_workshop

「ハンマーで叩いている時は、無心になりました」
「もっとやっていた~い!」との声に、思わずホッとしました。
私の緊張?がみなさんに伝わったのか、最初は体中に力が入っていた様子で、
さぞお疲れになったのでは…と思いながらも、アッという間の2時間でした。

ああ、皆さんの作品を撮り忘れました~、しまった~

みなさんと出会えたことは、私にとっても貴重なひと時、
多くの事を学ばせていただきました。

有難うございました。

旬子

☆銅のネームプレート作りました by CoCoのビレッジライフin原村

201105_DM-openatelier

春のオープンアトリエ

Open atelier & Workshop 05/2011

in Fujino Sagamihara-city

私たちのアトリエにて、作品展示とワークショップを開催します!
数十メートルのアトリエ移動からはや1年、
ようやく白壁のアトリエをご紹介出来ます。

同時にワークショップを開催、
英数字の刻印をハンマーで打って、
ネームプレートを作りましょう!

丸く切った3種類の銅・銅合金のコインをご用意しています。
時間は10~30分くらい、悩まなければ5分で出来上がりますよ。
皮ひもをつければ素敵なチャームになります。

藤野では、同時に「ぐるっと藤野陶器市」を開催中!
車でぐるりと藤野をまわって、さわやかドライブしませんか?!

  • 期日:2011年5月21日(土)、22日(日)2日間
  • 時間:午前10時~午後5時
  • 場所:アトリエ シュンケン

201105_DM-openatelier